山田風波のつぶやきブログ

ハンドメイドが趣味です。minneにて作品販売中です。

とりかえばや物語

 

みなさん、「とりかえばや物語」をご存知ですか?

 

平安後期に作成された、男女入れ替わり物語です。

 

 

元になった古典のお話を紹介しましょう。

権大納言には、内気で女の子のような性格の男児と、元気で男の子のような性格の女児の双子の子供がいました。

二人とも、相貌は美しく、またよく似ていたので、父親は、性格を直すことをあきらめて、男児を「姫君」、女児を「若君」として育てます。

成長しても、二人の性格が本来の性のようになることはなかったため、彼らは男女入れ替わったまま成人して、若君は出仕して昇進し、三位中将となり、姫君は中宮に仕える女御になります。

 

が、若君が右大臣の姫と結婚して夫婦仲がこじれて、親友の宰相中将に女であることがバレてしまったり、姫君も中宮に男であることがバレてしまったり、それでそれぞれあなやあなやと色々あって。

 

最終的に、彼らはなんとかして男女入れ替えの状況を元に戻す。というお話。

 

 

 

 

「色々あって」と割愛した部分がおもしろいんですよね。

このお話の設定は、現代の色々なアニメや漫画に影響を与えていまして、

有名なものとしては、手塚治虫先生作の「リボンの騎士」の続編として描かれた「双子の騎士」や、2016年の大ヒット映画「君の名は。」など。

 

 

私は高校三年生のころの受験勉強のときに、このとりかえばや物語の原文を読んだんです。

理系の国立大学を志望していたので、古典はサブ教科でしたから、あまり時間をかけて勉強することもはできず。

でも、大好きな古典をできるだけ楽しく短時間で満足して勉強するために、面白い古文ばっかり読んでいたんですよねぇ。笑

 

 

でね、本題はここから。

 

今日、本屋さんに取り寄せていた雑誌を取りに行ったんです。

ジャンプ流の冨樫の号を。

私は、幽遊白書からの冨樫の熱狂的なファンでして、これは絶対に入手せねばと予約したんですねぇ。

 

で、せっかくなので、文庫コーナーをうろうろしていたところ、この「とりかえばや物語」の現代版小説を見つけてしまったんです。

帯に、「君の名は。」とありますから、流行りなんでしょうね。平積みになっていました。

これはもう、出会いですから、買うしかないと思いまして、即買い。

200ページちょっとの薄い小説ですから、すらっとさらっと読めますよ!

おすすめの一本です。

みなさまもぜひ、機会があればご一読くださいませ!

 

 

 

 

猫の恩返し

 

夜は寒くなりましたねぇ。師走を感じるようになって、2016年ももう終わりかと驚きを隠せません。

 

まだ、2016年だということに慣れて来たばかりだというのに。。。

 

 

みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

私は、先ほど金曜ロードショー猫の恩返しを見て、今週を終えました。

 

今週は、火曜日には我がラボの創立記念パーティーを企画して、水曜日には急遽、国家レベルで非常に偉いお方も出席されているセミナー会合に参加して、、、

 

週の前半で非常に疲れてしまいましたので、今日の金曜ロードショーを大変楽しみにしておりました。

 

 

さて、ジブリ作品は大好きなので、猫の恩返しも何度見たことかしれませんが、

改めて見ると、まあ、なんとバロンのかっこいいこと。

 

でも、あれだね。切ないですね。

叶わない恋というか、それはそのままでいいというか、青春というか、なんというか。

 

 

そういえば、私自身は、初恋の相手を覚えていないのですがね、いいですよね。初恋。

純粋に好きっていう気持ち。

 

今は、私はその気持ちは、ハンドメイドに向かっているかなぁ

なんて考えております。

 

 

 

過去のことはあまり詳しく覚えていない私ですが、ジブリ作品は、初めてみたときに感じたことや、疑問などを思い出します。

そして、見るたびに、違った感想を抱くのも、またジブリの不思議な魅力ですよね〜。

 

 

 

では、みなさま。

おやすみなさいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

就職活動日記

 

久しぶりの更新になりました。

 

 

このところ、アクセサリーなどの作品は作っているのですが、なかなか写真を撮る時間がなく。。。

 

ところで、そんな私は何をしているのかと申しますと、絶賛就職活動準備中なのです。

 

 

現在、大学院修士1年の私は、来年に就活を控えている身です。

 

 

受験と違って、決まったテンプレ的な動きがあるわけではない就職活動。

企業さんによって、就活の方法も時期も多様で、しっかり調べなければいけない毎日に、すでに日々疲弊し気味な今日この頃です。

 

 

特に、私の志望している業界は、大企業からベンチャー企業まで、様々に展開されていて、情報の受け取り方も様々なのです。

 

へんなところだけアナログ主義者なので、パソコンでのデーター集積が苦手で・・・

事務的な作業に非常に苦労しておるわけです。

 

 

色々なことを手広くやりたい性分なので、あれもこれもとなりがちなのですが、あちらを立てればこちらが立たず状態で、、、

 

 

今後も、のらりくらりとマイペースに、その代わりコンスタントにハンドメイドの作品紹介もしていけたらと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします!

そして、minneの方にも、ぜひ、遊びに来て下さいませ!

 

https://minne.com/y-kazami

 

 

 

*ランキング参加中です。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーズモチーフのピアス

 

最近、ビーズモチーフの作品にはまっています。

 

母の頼みで、今日はネックレス1つ、指輪2つを作製いたしました。

 

こちらは販売用ではありませんが、もしご要望があるようであれば、アンクレットにリメイクしてお披露目させていただけたらと考えております。

 

 

私事ですが、私はピアスが大好きなのです。

ホールが多めに空いているということもあって、何かといえばすぐにピアスを作製してしまいます。

今回も例外なく、ビーズモチーフのものをつくってみました。

 

 f:id:Yamada_Kazami:20161108014035j:image

 

f:id:Yamada_Kazami:20161108014059j:image

 

 

 

もし、ご興味があれば、minneにて販売中ですので、見に来てくださいませ!

https://minne.com/y-kazami

 

 

 

*ランキング参加中です。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

京都旅行紀

本日は、ハンドメイド作品の紹介も兼ねて、先日行ってきた京都旅行のおはなしを。

 

私は少年陰陽師が大好きで、中学生の頃出会ってから、10年以上ずっとファンです。

京都に行ったのは3回目。

1回目と2回目は高校生でしたので、行動範囲が狭かったのですが、今回は成人して自由に使えるお金もあるので、大人な旅行をしてきました。

 

 

特に、貴船神社の奥社、京都御所、嵯峨野へ参れたことがもうこの上なく幸せでありました。

 

貴船神社は霊験あらたかで、特に最奥に進むにつれて、増し増してゆく神々しい神氣。

高龗神にもご挨拶させていただき、さすが霊峰といったところでしょうか。

お祀り奉る社宮だけでなく、山々の自然、貴船山全体が、高龗神の御神体なのだなと感じました。

f:id:Yamada_Kazami:20161106011826j:plain

 

京都御所は高校生の頃は年齢制限などもあり入ること叶わず。

しかし、今年から事前予約なしでも入れるようになったのですよ!

本当にすばらしかった。清涼殿に紫宸殿。

ああ、ここに1000年の昔、嵯峨天皇一条天皇や彰子が住まわれていたのかと。

そして、この京都御苑のこの場所に大内裏があり、ここに小野篁安倍晴明が出仕していたのかと。

思いを馳せて、不思議な気持ちになりました。

地面を触ってみて、もしかしたら、この地に立っていたかもしれない。

と思うだけで、なんだか不思議な気持ちになりました。

建物は度重なる炎上により、当時のものから建て替えられてしまっているであろうとは思いましたが、この地で、この景色を、見ていたのだと。

f:id:Yamada_Kazami:20161106012309j:plain

本当に幸せでした。

 

 

最後に嵯峨野。

嵯峨野は、あだしの念仏寺と野宮神社を目当てに行ってまいりました。

化野といえば、篁破幻草子でもテーマになっていた場所。

嵯峨野は、貴船山とはまた別の澄んだ空気が流れていて、明らかに肌で感じました。

神に守られた神域と、仏を安置した葬送の地。

そもそもの成り立ちが違うのです。

同じ京都にある山でも、こんなにも違うのか。

東京に住んでいる私ですが、東京にはこんなにも神聖な場所はなかなかない。

f:id:Yamada_Kazami:20161106012207j:plain

 

 

そして、なによりも、嵯峨野の街を彩るお土産やさんが非常に可愛い。

 

まゆ人形を扱うあだしのまゆ村 - 繭人形とモビールというお店がお気に入り。

 

 

 

ざっくりではありますが、こんなにも素晴らしい京都旅行になるとは思いませんでした。

 

素晴らしい3日間でした。

 

 

 

みなさまも、京都に行かれる際には、ぜひ、貴船神社京都御所、嵯峨野に行ってみてくださいませ!

 

 

 

https://minne.com/y-kazami

 

 

 

*ランキング参加中です。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 

 

和柄ピアス

f:id:Yamada_Kazami:20161105004526j:image

 

和柄のくるみボタンを使ったピアスを作りました!

 

キャッチの部分にゆれるパールがついています。

 

 

和柄の種類は3色。

 f:id:Yamada_Kazami:20161105004546p:image

 

 

このピアスは、布の面のカットする場所によって全然違う表情になるところがすごくお気に入りなのです。

 

ひとつひとつ、個性があって、愛着が沸く。

 

普段、ピアスに右も左もありませんよね?

でも、このピアスは、右も左も、違うんです。

 

 

この世に普遍なものなどなくて。

同じものなどひとつもなくて。

 

 

そんな思いを込めて作りました。

 

 

 

お買い求めはminneまでご足労くださいませ!

 

https://minne.com/y-kazami

 

 

 

*ランキング参加中です。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

ハンドメイド作品紹介

はじめまして。山田風波です。

「かざみ」と読みます。

 

 

 

私は、兼ねてより、ものづくりが大好きで、かわいいものが大好きで、好きが高じて皆さまにもお披露目したいと思ったのがきっかけでした。

 

友人や知人の誕生日などに、アクセサリーや小物を作ってプレゼントしていたところ、minneなどのサイトで販売してみては?とアドバイスをもらいました。

 

私の作った作品を、もっと、もっと、多くの方に見ていただきたい。もし、気に入っていただけるのなら、ぜひ使っていただきたい。という気持ちから、このような活動を始めようと決意いたしました。

 

本業は、大学院生ですので、不定期に気ままにですが、少しずつ、作品数を増やしていければと思います。

 

まだまだひよっこではございますが、今後とも、よろしくお願い申し上げます!

 

 

 

*minnne

https://minne.com/y-kazami

 

*blog

http://yamada-kazami.hatenablog.com/

 

 

 

 

*ブログ用素材

季節イラスト素材/季節の和風イラスト素材【季節素材 夢幻華亭】

お借りいたしました。